新たな快楽を知るために、『波木 はるか』はとある部屋を訪れた。‘奴隷’として生きるために…。家主への忠誠を誓う首輪と抵抗を放棄する手錠。不自由を当然の如く受け入れ、熱くたぎる身体を捧げていく。肉棒をほお張る口やむき出しの陰部から卑猥な音が溢れ、快感に溺れる身体は幾度もの絶頂を味わう。行き過ぎた刺激を浴びようとも、彼女の身体は悦びとして受け入れるのみ。何よりも快楽に重きを置き、惜しみない奉仕で新たな刺激を懇願していく…。〓